カテゴリ:伝説( 4 )

懸賞 懸賞

やられたーーーー

懸賞 2010年 10月 01日 懸賞

身体が弱くて持病が色々ある私ですが、風邪はあんまりひかないのです。

熱出してダウンしたのは22歳の時のインフルエンザ(人生初)が最後。

それが、この急激な気候の変化に見事にやられてしまいました。

まず「なんか鼻水が出るなー」から始まり、
「なんか喉痛いなー」になり
「超、喉痛い!!」で明け方4時半に目が覚め。

もう数時間後には熱が38℃を超えました。

久しぶりに熱出しましたが、マジで関節痛いですね(笑)

で、すぐ病院に行って薬を飲んだので熱もすぐ下がり、
楽勝じゃーん♪と思っていたのですが。。。

風邪をひいたのが久しぶりだったので「あの法則」を
忘れていました。。。
それは、

熱出す風邪ひいたら次に必ず喘息が来る

です(><)

もう、本当にすごい喘息だったんです。
呼吸が出来るとか出来ないとかそういう次元じゃなくて。
救急で見てくれる病院とかも調べたりしたのですが、
生まれつき喘息持ちで何度も気管支炎になっている私は
長年の勘で
「多分これくらいでは死なない」と判断して
土日は病院に行かず、家で苦しみました(笑)

月曜に朝イチで病院に行ったら、聴診器をするなり即
「点滴しましょう」と。
ま、私もそれくらいは想定の範囲内でした。
だって吸入効かないし、酷いもの!!

1回2時間半の点滴を2回するので6時間くらい病院に
閉じ込められます(笑)

また、とにかく血管が細い私は毎日点滴で針刺すのに
失敗されます(笑)
初日に至っては4回目でやっと点滴の針が入りました(^^;

でも長時間の点滴でも横になると余計息が苦しくなるのが
喘息ってもんです。
座ったまま点滴。
疲れます・・・腰痛持ちだし。

長時間だし、暇だなーってバッグをあさったらデジカメが
入っていたので写真撮ってました(爆)

f0062633_1845073.jpg

f0062633_185719.jpg

f0062633_1852096.jpg


大体肘の内側からは点滴が出来ない私なので(血管が見えないらしい)
この手首付近からの点滴が一番多いです。

通うのは大変ですが、自宅から徒歩3分なのが救いです。

皆さんも体調にはお気をつけて。。。
[PR]

by tomoko_popo | 2010-10-01 18:06 | 伝説

ゴキブリと私。

懸賞 2007年 04月 07日 懸賞

私はゴキブリが大嫌いです。
どれくらい嫌いかと言うと、家で一人の時にゴキブリに遭遇したら私が
部屋から出て行くくらい嫌いです。(殺せないので自分が逃げます)

が、私は「ゴキブリの神」でもあります(^^;
と言うのも、精神的に追い詰められると神経が過敏になるらしく
ゴキブリセンサーが物凄い敏感になってしまいます。

そう。。。あれは大学4年の秋。
卒論に追い込まれていた時。相当アップアップだった時です。
2週間くらい毎日ゴキブリを発見しました。(実話です)
必ず見つけるのは私です(--;
卒論でヤバイのに加え、「ゴキブリの神」っぷりを発揮してしまい
頭痛を起こしバファリンを飲みました(笑)

そして卒論を無事提出した日からゴキブリを発見することは
ありませんでした。精神状態が普通に戻ると現れません。

そして次の伝説は社会人1年目の夏のこと・・・・
両親が旅行に行っていた時です。
何か嫌な予感がするなーと思いながら家に帰る途中、家のすぐ側で
ゴキブリを見てしまいました。
「げ・・・・」と思いつつ、まぁ外だし!と思って帰宅。21時くらい。
翌日野球を見に行く予定だったので、家で一人でご機嫌にジャイアンツの
応援歌を歌いながらのんびりしていたら・・・・

現れたんです。

助けてくれる人は居ない。そして殺せない。泣き叫びながら自分の部屋に
逃げました。
当時姉はまだ同居していて、姉が帰ってくるのが23時以降。
それまでの間、ゴキジェットを小脇に抱え自分の部屋で寝ていました。
そして部屋でフテ寝しているうちにマジ寝してしまい、気付けば朝。
部屋から姉に電話(姉も家にいますが部屋から出られない私)
「ゴキブリ、見なかったよ。大丈夫だから出ておいで」って言われて
恐る恐る部屋から出て・・・・
10秒後です

現れたんです!

その時は泣きながら姉が殺ってくれました。
(やっぱり頼もしいのは姉です)

そして予定通りその日は野球を見に行き、一緒に行った友人にその
ゴキブリ事件を話してー・・・・見に行った試合は巨人が負けて・・・・・
落ち込みながら東京ドームを出たら・・・・

現れたんです!!

・・・・と、いう具合に、私は神経質モードに入るとゴキブリを呼び寄せて
しまう人間らしいです(--;

今日、両親が法事で岩手に1泊。
危険な香りがしませんか?
・・・と言うわけで土曜出社日にもかかわらず、仕事が終わったら姉が
ウチに泊まってくれることになっています(笑)
[PR]

by tomoko_popo | 2007-04-07 17:26 | 伝説

たいせつなもの

懸賞 2006年 05月 13日 懸賞

明日はポポのトリミング。
でもその前に今日は私がトリミング!

私は年齢の割には質素な方だと思うのですが、髪の毛だけは大事にしています。
クセッ毛で傷みやすい、というかなり厄介な髪質なんですが大事なんです。

3年ちょい前くらいにあご上くらいのショートにしてから、もちろん美容院で毛先を揃えてもらったり、痛みすぎなのでちょっと切ったりしていますが、髪を伸ばし始めて4年目に突入しています。
今、これくらい↓
f0062633_1224686.jpg

結構長いですよねー。

何故髪の毛が大事かと言うと・・・・・
忘れもしない3年前の夏、会社の夏休み中の時です・・・・
ある日気がついたら一部分髪の毛が無くなっていたんです。
簡単に言うと円形脱毛症ってやつです。
原因はストレス。思い当たるフシがハッキリありました。
オシャレが楽しい22歳の女にとってはかなりキツイ出来事で、ショックで8キロ痩せたんです。
(もうすっかり体重は戻りましたが)

このハゲちゃん、かなりクセものでした。前髪と後ろとの境界線あたりに現れたんです。
当時は前髪短くして下ろしていたので、そのままだとハゲ丸出し
分け目を変えて、前髪も横に流して、本当に必死に隠しました。

髪の毛が生えて来るまでに2ヶ月かかりましたが、生えてきてから他の髪と同じ長さになるには相当時間がかかりました。

そして円形脱毛症って再発しやすいらしいです(^^;

・・・・と、言うわけで今度いつハゲが出来てもカバー出来るように伸ばしてます(笑)
今では笑い話に出来ますが、当時は誰も笑えなかった話。
みなさんも髪の毛は大事にして下さいねー。
[PR]

by tomoko_popo | 2006-05-13 23:59 | 伝説

親友の結婚式

懸賞 2006年 02月 18日 懸賞

今日は親友Uちゃんの結婚式でした。

Uちゃんとの付き合いは高校に入学した15歳の時から・・・え!?もう9年も経ってるの!?(^^;
高校1年の時に同じクラスになったのをきっかけにずーーっと仲良くしている友達です。
高校生の時は・・・お世辞にも「真面目」と言える生徒では無かった私達(笑)
毎日のようにカラオケに行ったり、プリクラ撮ったり、毎日のように池袋に通っていた私達。
みんなで外が暗くなるまで教室で下らない話をしていて、学校の窓から見えたライトアップされたサンシャイン60・・・・全てが懐かしく、全てが青春でした。

大学は別々になったけれど、頻繁に遊んで、Uちゃんの大学まで私が遊びに行ったり。
花火大会を見に行ったり、海に行ったり、プールに行ったり、いつものように池袋で遊んだり。
下らない話は相変わらずだけど、時に進路について真面目に話したり。

大学を卒業して、就職してからも沢山会いました。
下らない話ばかりしていた私達も大人になったもので、会社の愚痴を言ったり。

・・・・と、素敵なことばかり書いていますが、そんなに「美しい」友情ではありません(^^;
お酒にまつわる話はここでは書けませんし、毎年恒例になっている「変顔プリクラ」の二人の変顔っぷりは恐ろしくて他の人には見せられません(笑)


そんな彼女の結婚式。
緊張していて最初は表情が固かったUちゃんですが、いつも以上に輝いていました。
凄く素敵で、凄く可愛かった。幸せオーラがバンバン出ていて、少し分けて欲しいと思ったくらい(笑)
f0062633_0372814.jpg

いつまでもお幸せに!!

f0062633_0385728.jpg

ひとつだけ後悔している事。初めて一緒に行く予定だった温泉旅行。
私の体調が悪くて行けなかったんです。
いつか一緒にいけるといいな!!
[PR]

by tomoko_popo | 2006-02-18 23:19 | 伝説